給料日まで1週間1000円、2週間1000円などお金がないときに一人暮らしや家族でなんとか生活していくアイデアや体験談をご紹介しています。

給料日までお金がない!家族や一人暮らしでお金がない時の過ごし方や節約方法!

4人家族で1週間1000円の過ごし方

4人家族で1週間1000円しかない!なんとか乗り切る方法は?

投稿日:

4人家族で1週間1000円で過ごすのはかなり大変なことかもしれません。

でもできないことではありません。

なぜなら実際に4人家族で1週間1000円で乗り切っている家族がいるからですね。

その体験談を今回ご紹介します。

実際の体験談なのでとても参考になりますよ。

同じような境遇になっている方は

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

40代後半女性
お給料日の1週間前とかは、気が付くと、えっ、これだけしか残って無い。ヤバイなぁ~。となってしまう事を何度か経験しました。
自分では計算していても、家族が居ると急な出費もあるので仕方ないですよね。

ピンチの時に私がする事は、まず、お米が何れだけ残っているかを確認します。
軽量カップに何倍分あるかを計って、1週間、1日に何合炊いていいかを計算します。
例えば、10杯分なら1日2合ずつで5日はもつと考えます。

その後に、冷蔵庫の中身をチェックします。
残った少量の野菜や卵、調味料等もチェックします。
それから、残り物で何が出来るか、何品作れるかを考えます。

結構、野菜が少しずつ残っていたりするので、朝と夕食分だけの献立を考えます。
子供達はお昼は給食があるので、私や主人のお昼はおにぎりとかで我慢するしか無いですが、夕食を楽しみに耐えました。

後は、使える金額の1000円は、1日に使える分を計算して、約140円になるので、最初の2日間はある物で、何とかしのいで、残りの5日間は、1日200円使える事になるので、近所のドラッグストアーで、豆腐やモヤシにうどんの麺や焼きそばの麺など、20円前後で買える物を200円分購入しました。

これは1日分の量では無いですが、2日持てば、次に200円を繰り越せるので、3日目には、400円使える事になります。
こんな感じで、まずはある物から使っていき、始めの1日でも使わない様にする事がポイントです。

 

50代前半女性
結婚して間もない頃には、給料日までお金がないということを何度も経験しました。そんな時、家に乾麺やお米さえあればなんとかしのげると教えてくれたのは夫でした。

学生の頃食べるものに困って友人と色々知恵をしぼったとのこと。その時の経験がまさか結婚後に生きるとは!と夫は笑っていました。

私たちが暮らしていたのは結構大きめの地方都市でしたが、海も山も近い自然に囲まれた地域でした。海まで車で数分、山へは15分の距離。お米は炊けるので、おかずとなる食材探しです。

おばあちゃんに教えてもらってまずは海へ。砂丘に生えている「浜防風」をビニールいっぱいに採りました。子供達も浜辺で遊べて大喜び。その日は浜防風のぬたを作って食べました。

山へ行くと色々な食材に出会いました。「きのこは怖いから採っちゃダメ」という夫の体験談からの注意を聞き、水辺に生えているフキや、ゼンマイ、そしてふきのとうなどをたくさん摘みました。

フキとゼンマイはアク抜きして煮物にして食べましたが、新鮮でシャキシャキしてとっても美味しかったです。ふきのとうは贅沢に天ぷら。いつも食べている野菜より何倍も美味しかったですね。

「川底の石の裏に張り付いてるムシを餌にすれば魚が釣れるよ。どうする?」と夫に言われましたが、それは次回のお楽しみということで釣りは順延。

家族みんなで海や山へ出かけられて本当に楽しかったので、お金がなくても悲壮感は全くありませんでした。健康のことを考えて、1,000円で納豆は買って一緒に食べましたけどね。

 

50代前半男性
家に米と釣り道具さえあれば余裕で暮らせます。私は3人家族ですが、毎日新鮮で美味しい魚を食べて金欠を乗り越えました。

「エサ代がかかるじゃん」そう思われる方もいると思いますが、エサなんて現地で無料調達すれば買う必要なんてありません。我が家の小屋には親父の釣り道具が眠っていましたので、まずは道具の整備。

投げ竿とリール、それに少々ばかりの仕掛けや重りを持って海へ。もちろんエサはもったいないので買いません。テトラポットや堤防に張り付いているカキを金づちで砕いて身を集めます。暖かい時期なら無料の場所で潮干狩りをしてアサリを集めてもいいですね。そのような貝をエサにすれば結構いろいろな魚が釣れます。カワハギやメゴチ、ハゼ、クロダイなど。

夜であれば、メバルやカサゴなども釣れました。珍しいものではホウボウが釣れたこともあります。会社帰りに車でそのまま海へ行って3時間ほど釣りをして、持ち帰った魚を調理して翌日のおかずにしました。

2週間ほど毎日釣りに行きましたが、その間に使用したエサ代はゼロ。全て自分で採取した貝をエサにしました。毎日何が釣れるか分からなくて、私も家族もワクワク楽しみにしていましたね。わずかながらのお金は、もやしや納豆を購入する費用に充てました。楽しかった上に美味しい生活でした。

 

4人家族1週間に1000円で過ごす方法はいかがでしたか。

それぞれ環境によって違いますが、

アイデアやヒントがあったと思います。

みな全く同じ状況ではないので、それぞれ自分の環境ごとに

工夫は必要ですが、根本的な部分は共通点が多いものです。

今回の体験談を参考にして、ぜひ上手な節約をしてみてくださいね。

-4人家族で1週間1000円の過ごし方
-, , ,

Copyright© 給料日までお金がない!家族や一人暮らしでお金がない時の過ごし方や節約方法! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.